Top > 経済 > え?あの人が借金してた?

え?あの人が借金してた?

日刊紙の宣伝、繁華街に貼られた宣伝チラシやダイレクトメールで「負債の片付けします」「借金を集約したくないですか」などといったアピールを目にすることが多いです。

それらは、「整頓屋」「買取人」「つなぎ業者」という俗称の企業のおとり広告のケースもあったりします。

そういったものを申し込んだ場合では破産申立プロセスの中で最も重要な免責許諾を受けられなくなる危険も存在します。

「整理人」というのは、宣伝などで借金のある人を引きつけ、相当な手数料を受け取って負債整頓をしますけれど、実際のところ整理は行われないまま、負債人はより一層の債務地獄に堕ちてしまうときがほぼすべてと考えてください。

「買取屋」の場合は、クレジットで、電気製品、何らかのチケットなどをたくさん購入させて債務人から購入した物品を買った値段の30%~額面半額で受け取るというやり方が主です。

債務者は短期には小金が増えますが、必ずクレジット会社によって商品の支払いがくることになり、現実には債務を増大させるだけです。

この際はクレジットカード企業への詐欺ということで免責が受けられません。

「紹介屋」は名の知れた金融業者から拒絶された負債者に対して貸出は全くせずに、融資をする違う貸し手を呼び出し、高い費用を要求する企業です。

紹介屋は手の込んだ紹介で貸出できたかに報告しますが本当のところは何もしておらず単に規程の甘いルートを把握しているというだけです。

結局のところ負債をアップさせる結果となります。
http://sashiosae.xn--xckq9gya9aygb5784d7i0c8vwd7te.com/

経済

関連エントリー
何故か流行っていた面倒くさい内マキボブヘア就職でよい印象を醸し出すスーツの着こなし方整理するメリットデメリットえ?あの人が借金してた?借金返済に関して
カテゴリー
更新履歴
出迎えるホグワーツ特急(2014年7月29日)
帰省中の過ごし方(2014年7月14日)
キャッシング会社の利息が高い仕組み(2014年6月26日)
フラッシュモブでやりたいこと(2014年4月28日)
何故か流行っていた面倒くさい内マキボブヘア(2014年4月23日)