Top > キャッシング会社の利息が高い仕組み

キャッシング会社の利息が高い仕組み

キャッシング会社の利息が何故高いのか、それは、1)金利で運営をしている、2)自己資金で運営している会社も中にはあるかも知れませんが、殆どの会社は、銀行とか、他の資金主から借りているからです。
自己資金で運営をしている銀行や、会社は金利は安くなりますが、その反面審査は厳しくなります。
審査に甘いキャッシング会社は、金利が高くなります。
3)お金に困っている人が借りるので、返済が中々出来ないという事情があるからです。
借りたお金は返さないといけませんが、元金に利息をプラスをして返済をすることになります。
金利は日割りで計算され、利息制限法の範囲で、実質年率を決定します。
1)元本が10万円未満の場合、年率20%、2)元本10万円以上100万円未満の場合、年率18%、3)元本が100万円以上の場合、年率15%と金利は下がりますが、返済の仕組みは金利から充当されていきますので、元金は中々減少せず、その分時間が掛かり、支払総額も膨れ上がってしまいます。
こちら(⇒みずほカードローン審査MS115)のサイトでさらに詳しくみる。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
出迎えるホグワーツ特急(2014年7月29日)
帰省中の過ごし方(2014年7月14日)
キャッシング会社の利息が高い仕組み(2014年6月26日)
フラッシュモブでやりたいこと(2014年4月28日)
何故か流行っていた面倒くさい内マキボブヘア(2014年4月23日)